1. ホーム
  2. T's コラム

T's コラムについて

T’sコラムはCLUB THERMOSが運営する記事コンテンツです。
料理、アウトドア、フードそしてサーモス製品についてなど、様々なコンテンツをお届け致します。
「読みもの」記事は、閲覧しただけで5ポイントプレゼント!(会員登録をされている方のみ、各記事ごとに1回限り付与)
会員登録がまだの方は、コンテンツを楽しみながらポイントを貯められるCLUB THERMOSに是非ご登録ください。

各ライターの記事一覧
新着順 記事一覧
#

食い力 くいりき


少し前に母が、手術を受けました。心臓近くの血管を人工のものに取り替える手術で、脳も一時的に止めるという大掛かりなものでした。おかげさまで、無事に手術は終わった…

#

鉄道学校訪問 その1


こんにちは、豊岡真澄です。みなさん。上野にある「岩倉高等学校」ってご存知ですか?
岩倉高等学校は鉄道業務を総合的に学ぶ「運輸科」があり、鉄道をはじめとする運輸…

#

第34話 キャンプイベント裏話的な。


先月、山中湖のキャンプ場でサーモスファン参加イベントが行われました。僕は企画当初から声を掛けて頂いていて、コーヒーに関するワークショップを行う事になっていまし…

#

ギアナ高地の旅 最終回


2日間かけてたどり着いたギアナ高地の麓。いよいよ4〜5000万年前の大地が広がる頂上へ向けて出発した。

#

シャトルシェフで「新之助」を炊いてみました。


先日行われたクラブサーモスのファンイベントで、今年の秋、新発売になる話題のお米「新之助」をいただきました。

#

第33話 ペーパーとペーパーレス


あまりにもプライベートな話なのでどうしようかと思ったのだけど、せっかくなので書いてしまおう。5月中旬のある日、新緑に囲まれた美術館にあるレストランで、僕と彼女…

#

「ボトルのお手入れその2」(洗浄編)


みなさんこんにちは。豊岡真澄です。今日はサーモス純正のマイボトル洗浄器APA−1500を使ったボトルのお手入れ「ボトルのお手入れその1」(準備編)…

#

第32話 ドリッパーに込めた想い


コーヒーといえば、ペーパードリップで淹れたものを思い浮かべる人が多いと思います。ペーパーでしっかりと濾過されるのでクリアで香り高い味わいですが、それは試行錯誤…

#

ギアナ高地の旅 その2


日本から弾丸のようなスピードで現地に着き、期せずして翌朝出発となったギアナ高地への登山が始まった。僕は昨晩準備した装備を持って、僕のチームメンバーと合流をした。

#

「ボトルのお手入れその1」(準備編)


こまめに洗っているのだけれど、なんか汚れが落ちてないような気がする。最近ボトルの底が黒っぽくなってきたような・・・。そんな経験ありませんか?

#

究極のケータリング料理


こんにちは。Atelier Story蓮池です。私の主な仕事はフードコーディネートやレシピ開発ですが、時々ケータリングの仕事もお受けしています。先日は、若手の…

#

もうひとつの春はウキウキ


4月12日公開のコラム「春はウキウキ」 たくさんのアクセスありがとうございます!

#

第31話 美しきスパイラル


先日フィギュアスケートの浅田真央さんが引退されました。多くのメディアは引退会見だけでなくこれまでの軌跡も取り上げていて、あらためてその凄さや功績に心を打たれた…

#

ギアナ高地の旅 その1


世界有数の秘境「ギアナ高地」へ行ってきた。ギアナ高地は、子供の頃に読んだ本のアーサー・コナン・ドイル著「The Lost World」の舞台となったといわれて…

#

春はウキウキ


みなさんこんにちは、豊岡真澄です。ついに春が来た!という感じになりましたね。ワクワクするシーズンのはじまりです。

#

第30話 好きを形に


先日ドリップセミナーに、2人の男子が参加してくれました。将来に悩む若干二十歳の双子!です。普段ドリップする時にどんな道具を使っているのか尋ねたところ、ドリップ…

#

第29話 ミルを選ぶ(後編)


今回はミルのお話し後編、電動ミルについて。手動式のミルと比べ、電動ミルは手早くラクに挽けるのがメリットです。でも性能面では機種による差が大きいものでもあります…

#

「西武鉄道40000系」その3


第三回目は「西武鉄道40000系」(その2)の続きです。今回はこの車両の大きな特徴となる 「パートナーゾーン」のご紹介です。

#

モーニングがゆ


みそ汁が大好きな私は、普段ごはんとお味噌汁という日本人らしい朝食を食べることが多いですが、お休みの日や体調を崩しぎみの日は、消化が良い=胃に優しいおかゆを食べ…

#

「西武鉄道40000系」その2


みなさんこんにちは。 豊岡真澄です。 今回のお話は前回の「西武鉄道40000系」(その1)の続きです。