1. ホーム
  2. T's コラム
  3. 雪化粧のサラダ

雪化粧のサラダ

  • 2021.12.23
  • 411
  • 4

蓮池 陽子



今回は私のとっておきのレシピ。クリスマスや年末年始の一皿に、お財布に優しくてお腹が温まる、おしゃれで簡単なホットサラダをお伝えしたいのです。
何か一品作るのに困ったらこれを作っておけば万事OKです。使う食材も決まって家にあるものばかり。(というより残り物の野菜でいいのです)もしも買い足すとしたらレモンとパルメザンチーズ(できれば本物)だけです。
「え、ほんとうですか?」(誰か)
「本当です。」(私)
野菜室の中をのぞいてみてください。そして残っている野菜を取り出してみてください。大概のものは大丈夫です。
大根の切れ端、お味噌汁に使ったカブの残り、使いかけのブロッコリー、切り口が茶色くなったキャベツ(茶色の部分をカットして)も、白菜もOK。いつもだったら具沢山のお味噌汁かスープにしてしまいがちですが、今日はホットサラダです。
おいしいので最後まで一気読みしてくださいね。
 
その1)まずはフライパンかお鍋にお湯を沸かしてください。
その2)次に全ての材料を火通りの良いように、食感を残しつつ少し薄めに切ります。
その3)お湯が沸とうしたら塩を少々加え、火の通りのよくない野菜から順々に時間差をつけて入れていきます。もしお料理に慣れていなければ、一気に野菜を入れてしまいましょう。柔らかくなったものから順にとりだせばいいじゃないですか!ね。このやり方の場合は、茹で上がった野菜を最後にもう一度お湯にくぐらせてください。
料理に正解なんてないのです。(たぶん)
あるとしたら美味しくできるのが正解です。
ですから、おおらかに、おおらかにいきますよ〜
その4)全ての野菜が柔らかくなったら、シンクに盛り付ける皿を置いて、その皿めがけ野菜をざるに上げてお湯を切ります。これでお皿が温まります。
その5)野菜が熱々のうちに手早く仕上げていきます。(ポイントはここだけです)
湯をざっと切った野菜はボウルに入れ、酢小さじ1、塩小さじ1/2、砂糖ひとつまみを入れて10回ほどよく混ぜます。ここにオリーブオイル大さじ1と1/3を入れて、さらに手早く混ぜます。ここで味をみてください。味が足りない場合は、前述の調味料(酢・塩・砂糖少量)を加えてよく混ぜ、さらにこしょう、レモンを絞って混ぜます。無農薬レモンなら皮を削って入れたらサイコーです。
これでほぼ完成です。
お酢は酸味の強いものなら、量を減らしたりして調整してください。
調味料の分量は、切って両手で抱えられるぐらいの野菜の量を目安にしています。
野菜は少し柔らかめに茹でると甘みが感じやすい&消化にもよいですよ。
その6)温めたお皿(湯を捨てて水気を拭き取ったもの)にまだ湯気がホカホカでている温野菜をのせて、パルメザンチーズをかけて雪化粧させます。お持ちの方はペコリーノやらコンテでもいいです。
材料だけおさらいします。
・野菜室の残り野菜切って両手で抱えられるぐらい。
・酢小さじ1
・塩小さじ1/2
・砂糖少々(甘いお酢なら必要ないです)
・オリーブオイル大さじ1と1/3〜
・こしょう適量
・あればレモン適量
・パルメザンチーズ(削って美味しいチーズ)適量
さぁ熱々をどうぞ!
誰かに食べていただいて喜んでくれたら、このサイトを教えてあげてくださいませ。


  • ツイート
  • シェア
  • はてぶ

#

蓮池 陽子 Yoko Hasuike

料理家 フードデザイナー 東京都出身。Atelier Story主宰

中央大学卒業と同時にビストロに勤務。その後料理教室で料理・製菓講師を務める。さらにアウトドア施設からの依頼をうけ、アウトドアでおいしく・楽しい料理を生み出し、伝えてきた。

  (続きをみる)


この記事へのコメント

2022.01.01 23:53
ホットサラダ、作って食べます。
おかめ
2022.01.01 12:11
ビーガン時代が到来しました。
ほな
2021.12.30 16:13
いつも残り野菜は味噌汁でしたが、今度はこちらのメニューを作ってみたいと思います!彩りもきれいで美味しそうです⭐レパートリーが増えました!
このこ
2021.12.25 14:27
食欲が出ます。
ほな
2021.12.23 11:28
クリスマスや年末年始の一皿は、いくらレシピがあっても、うれしい限り。
しかも、簡単で、色合いもステキ♪
どなたがいらしたときに作ろうかな~
江戸っ子
2021.12.23 10:12
カンタンでおいしそうなので、この年末に作ってみます!
だあきち
ニックネーム:
※投稿時にこちらの名前が表示されます。
※投稿にはニックネームの登録が必要です。

オススメコンテンツ