春の香りを楽しむ山椒たけのこ麻婆

  • 2023.04.25
  • 1050
  • 11

今年は春が早いようで、池袋にある私のアトリエでは例年だとGWの頃に咲く花水木やえびねらんも4月中旬ぐらいに咲き出しました。猫の額ほどの小さな庭ですが落葉樹も多く冬は寂しくなる一方ですが春になると瞬く間に緑に溢れ、命のみずみずしさを感じます。
「山椒」もその一つです。出はじめの山椒の葉は、葉自体も柔らかいのですが、味わいもとても穏やかでやわらか。太陽を浴びるほどにたくましい硬さ、味わいになっていくようです。これは植物のことわりなのでしょうね。
そして今年はその山椒の新芽の出方が違いました。例年ですと葉が出てきてしばらくして花芽がつくのですが、今年はどういうことか花芽も一緒について出てきました。
最近人気の高い花山椒というものです。せっかくなのでこのやわらかな味わいの山椒を生かして料理をと思い、旬のたけのこと合わせてみました。タイトルには麻婆と書きましたが、唐辛子は青唐辛子を使った柚子胡椒ですし、山椒は中国のものは使わずフレッシュな山椒のみです。姿は本来のそれとは違うのでオマージュということで読んでいただければと思います。

山椒のたけのこ麻婆
<材料>
鶏ひき肉200g
たけのこ、ふきなど300g
山椒好きなだけ
にんにく、しょうが(みじん切り)各1/2かけ
【A】 
出汁150ml
大さじ1
みそ小さじ1?2
ナンプラーかオイスターソース小さじ1程度
柚子胡椒小さじ1?2
水溶き片栗粉適量
適量
ごま油適量

<作り方>
1) たけのこは1.5cm角に切り、ふきは1.5cm幅に切る。
2) フライパンにごま油とにんにく、しょうがを入れ火にかける。良い香りがしてきたら鶏肉と入れて炒め、色が変わったら1)を加えしっかり炒め合わせる。
3) 【A】を加え、3?5分加熱したら、水溶き片栗粉でとろみをつけて塩で味を整え、火を止めごま油と山椒を加える。
4) 器に盛り付け、さらに山椒をたっぷり飾る。
これはこの時期にしか味わえない爽やかな山椒をふんだんに味わう料理。だから、調味料も「淡く」仕上げ、山椒を生かす程度に入れると良いかと思います。
「淡い」というのは「薄い」のとは違います。
「淡い」は生かしたい味を際立たせるために、調味を加減すること。
素材は自然そのもの。食べて「おいしい」と、素材そのものの持ち味が生かされる味わいの良い塩梅が味の落とし所だなと思いがなら作っております。


この記事へのコメント

おかめ

山菜は、お店に行けば買えるけど、自分の足で、山に行って食べる分だけを取ってきていただくのは、その時にしか出来ない、贅沢な食べ方だと思います。出来る時にやりたいものです。

おこめ

素敵です

ほな

都会の竹林が無くなり、筍は貴重品になりました。

瀬古の親父

山椒の緑、良いですね。
香りが匂ってきそうです。

けんちゃん

山椒のタケノコ麻婆丼ぶりにして食べてみたいです(⁠ ⁠ꈍ⁠ᴗ⁠ꈍ⁠)

かなべっち

フレッシュな山椒は彩りも香りも良くて一石二鳥ですね(*´꒳`*)

ほな

筍の季節です。おいしいです。

ほうすけ

山椒を入れると筍の味は山椒に負けるのでは?

ミキ

山椒いいですねー!!

おひるだ

春の香り、良いですね。たけのこ料理は好きなのですが、恥ずかしながら今まで山椒とふきを使って自分で料理したことがなかったので、近々チャレンジしてみたいなあと思いました。ちゃんと出来るかどうか、ちょっとドキドキです~。

江戸っ子

食感もよくておいしそうです。
春の味覚 大集合レシピですね。

ポンちゃん

タケノコ大好き人間としては是非挑戦したいレシピです! ビールが合いそうです。

てるさん

竹の子大好きです。山椒を入れて春の味を味わってみたいです。

ぽんで

本当に春らしい食べ物ですね

あかねち

山椒の分量の「好きなだけ」がツボりました。
色合いも美しい麻婆豆腐。香りが漂って来そうです。

ゆなひ

山椒をいれることで大人の味わいになりそうですね!

hirune

山椒だいすき!
旬ぞろいでおいしそうですね

コーヒーブレイク

たっぷりの山椒が美味しそう!!

ニックネーム

※投稿時にこちらの名前が表示されます。
※投稿にはニックネームの登録が必要です。

コメント投稿にはログイン・
ニックネームの登録が必要です