1. ホーム
  2. T's コラム
  3. 第165話 二杯目のお茶

第165話 二杯目のお茶

  • 2022.11.17
  • 450
  • 6

黒田 悟志



先月下旬のこと、福島県郡山に単身赴任中の友人を訪ねて、バイクで初のロングツーリングに行ってきました。福島は磐梯のスキー場に行ったことがあるくらいでほぼ初訪問です。友人は高校時代の同級生で、強面のルックスとは裏腹にちょっと寂しがり屋。以前から「バイク免許を取ったら遊びに来なよ♪」と言われていました。また彼もビッグスクーターですがバイクに乗る人。せっかくだから途中で合流し、そのまま会津方面に日帰りツーリングに行こうということになりました。待ち合わせは東北自動車道の安積サービスエリア。まずはそこを目指して走ります。いざ出発!
バッグは相変わらず大き過ぎますが、お土産をたくさん買ってこいとの司令がございまして…行きは半分以上空いてます。
現在東北道の一部区間は最高速度が120km/hに引き上げられていて、僕と相棒(バイク)にとって未知の領域です。相棒はカウル(風防)が無いので風をモロに受けるため100km/hくらいから段々キツくなり、120km/hではまるで滝行のよう。スピードの恐怖心はないので僕はひたすら風圧との戦いです。相棒も小排気量なので性能的にほぼトップスピード。つまり僕と相棒の限界なのでした。その後は淡々と走りようやく待ち合わせ場所に到着!再会の挨拶もそこそこに、さっそく彼の先導で出発です。
途中のサービスエリアにて。風圧もゆっくり走れば弱いです。
友人と合流。
知り合いじゃなければ、革ジャン着てるその風貌の人には近付きません。
連れてこられたのは、赤べこ発祥の地であるJR只見線の会津柳津駅。無人駅ですがとてもキレイに整備されています。只見線は2011年の東日本大震災と新潟福島豪雨で甚大な被害を受け、一部区間はバスによる代替輸送となりました。でも地域住民の願いが実を結び2017年に復旧する事が決定、遂に全線開通したのが訪問のわずか2週間ほど前でした。この辺りは彼お気に入りの場所で、僕に見せたかったとのこと。ロマンチストな彼らしいです。そのあと名物のあわまんじゅうを買ってから、途中で見つけたお食事処に立ち寄りました。
只見線会津柳津駅のホームから。
全線開通、本当におめでとうございます。
往時を偲ばせるSL。ホームの脇で余生を過ごしています。
そこは古民家を改築した建物で、長年ここで店を営んでいるというお婆さんが出迎えてくれました。注文した天ぷら蕎麦はお婆さんが自分で打った十割蕎麦で結構コシが強く、天ぷらも滋味溢れる地元野菜で、共に想定外の美味しさでした。また山で取れた柿やアケビなどいろいろ勧めてくれました。ふと友人がこんな話をしてくれました。福島では来客に出すお茶は必ず2杯勧めると。1杯だけでは仏壇に供える数と同じだから「一杯茶は縁起が悪い」というそうです。でもそれはこの地に暮らす人々のおもてなしの心が表れている、とも。お婆さんからもそんな想いが充分に伝わってきたひと時でした。
立ち寄ったお食事処は風情ある佇まいでキョロキョロ眺めてしまった。
今年はいつもより寒いとお婆さん談
蕎麦が美味しかった♪アケビの皮の天ぷらなんて初めて!
そもそもアケビ自体を初めて食べました。
これは取ってから時間経ってて、結構熟れちゃってると言ってました。
その日の晩は彼の”男の手料理”で酒盛りでした。翌朝も焼魚と自家製ぬか漬、手作り味噌の味噌汁など旅館のような朝食でもてなしてくれました。本来ならそのあとすぐ帰る予定でしたが、前日に時間がなくて断念した猪苗代湖と道の駅に行ってみたくなり、彼を誘ってショートツーリングへ行きました。湖畔を訪れてみると、広大な湖面と砂の岸辺の雰囲気がほとんどビーチそのもの。地元のコーヒー牛乳を堪能しお土産も無事に買って、ようやく帰路に。途中のインターチェンジで彼と別れてからは、再び風圧との戦いを経て無事に帰京しました。
猪苗代湖の湖畔にて。
地元のコーヒー牛乳が気に入ってしまった♪
友人は郡山で暮らしながら多くの人々に接するうち、その優しさや空気感、そして街の暮らしやすさに感銘を受けたようでした。「車で走っていても乱暴な運転の人がいなくて、皆んな丁寧に走るんだよ。」なんてエピソードも語っていました。彼は「ここにずっといてもいいかも♪」と呟いていましたが、本気で言っていたと思います。豊かさとは、幸せな暮らしとは何か、そんな事を考えさせられた旅でした。あと風圧対策と。
赤べこの置物。今回赤べこ伝説を初めて知りました。


  • ツイート
  • シェア
  • はてぶ

#

黒田 悟志 Satoshi Kuroda

Day Drip Company 代表

スペシャルティコーヒーと呼ばれる良質なコーヒーの世界。その魅力を伝える為に、勤めていた自家焙煎店から独立し、独自のブランド【Day Drip Coffee】を立ち上げました。

  (続きをみる)


この記事へのコメント

2022.11.30 14:06
すっこさま>
福島良いところでしたよ〜♪

ほなさま>
ありがとうございます!災害を乗り越えて歩んでいかねばですね。

だあきちさま>
バイクも良いけど只見線も乗ってみたくなりました♪

にゃつよさま>
今はリターンライダーの方も増えてますね。それだけ魅力的な乗り物だなって感じます!
黒田悟志
2022.11.30 13:59
hiruneさま>
行かれたのですね!豊かな自然と調和した暮らしが素敵でした。

ゆーだいすきかあさんさま>
アケビは柔らかで素直な味わいでした♪…って分かりずらいですよね笑

おひるださま>
あまり旅に出ない人なので新鮮でした。お土産は赤べこが一番ウケました!

ミキさま>
ツーリング最高です!バイクは有りそうで無いデザインが気に入っています♪

しぃさま>
アケビの天ぷら、機会あったら是非!
黒田悟志
2022.11.28 15:06
私もまたバイクに乗りたくなりました
にゃつよ
2022.11.27 08:42
そもそも、バイクが超絶カッコいいですね!
ミキ
2022.11.19 11:23
只見線、開通したのをニュースでみて、行きたいと思っていました。
だあきち
2022.11.19 10:02
素晴らしいツーリングでしたね。原発の影響も少なくなりました。
ほな
2022.11.18 15:51
福島行ってみたーい
すっこ
2022.11.18 15:50
ツーリングいいですね!アケビの天ぷら気になりますね!
しぃ
2022.11.17 20:03
景色もご飯も最高✨
ミキ
2022.11.17 20:03
ロングツーリング良いですね‼️
ミキ
2022.11.17 17:12
お疲れ様でございます。風圧との闘いもした甲斐がございましね、お友だちとの再会、ツーリングも気持ち良さそうです。その土地も、人も、食も、いい時間が流れていますね、やっぱり旅ってイイですね~~♪
アケビの天ぷらは私も食べたことないんですが、昔、中庭にあったアケビの木、母がよくその実を食べていた事、ふと思い出すこともできました。
バイクバッグに詰まった指令の品々、大好評だったかな~♪



おひるだ
2022.11.17 13:09
ステキな旅ですね アケビの天ぷら どんな味なんでしょう
ゆーだいすきかあさん
2022.11.17 10:34
先日いったばかりでした

美味しいものと自然がとっても伝わってきます
hirune
ニックネーム:
※投稿時にこちらの名前が表示されます。
※投稿にはニックネームの登録が必要です。

オススメコンテンツ