1. ホーム
  2. T's コラム
  3. 第11話 冷たくて、少し熱く。 その1

第11話 冷たくて、少し熱く。 その1

  • 2016.08.01
  • 1220
  • 2

黒田 悟志



夏ですね、夏。
僕が暮らすここ東京は、ときどき涼しげな夜もあるけれど、日中はそれなりの暑さと湿気です。
あぁ、先日訪れた石垣島の、どこか甘ったるいような暑さが既に懐かしいぜ、、、。

と言う訳で、冷たいものが嬉しい季節ですね♪そこで今回はズバリ、アイスコーヒーのお話!


多くの飲食店、コンビニやスーパー、果ては自販機に至るまで、出来あいのアイスコーヒーは幾らでも手に入りますよね。でも、自分で作るアイスコーヒーもまた良いものですし、ぜひ美味しく作りたいですよね!

美味しいアイスコーヒーのポイントは、「濃いめに作る。深煎りの豆を使う。」

アイスコーヒーは氷を入れたり、ミルクを足したりすることが多いですよね。
実はどちらもコーヒーを薄めようとしている行為、とも言えます。だからその分濃いめの方が美味しく味わえるという訳。また濃いめに作ったものは後からいくらでも薄められますが、薄いのは濃く戻せません。

まずは濃いめに作るのがポイントです。

深煎りの豆を使うというのは、苦味系がオススメという意味です。
苦味はミルクとの相性がとても良く、アイスカフェオレなんかには最適です。
また人の味覚は冷たいコーヒーだと酸味を強めに感じます。だから苦味系の豆を使うことで、その味覚のズレを補えるのです。そして苦味といえば深煎り!焙煎度合いは深いほど、酸味から苦味の味わいに変わるので、深煎りがオススメという訳です。

さあポイントは分かった、じゃあどうやって作るか。
アイスコーヒーの作り方ですね。

第12話 冷たくて、少し熱く。 その2 

  • ツイート
  • シェア
  • はてぶ

黒田 悟志の記事一覧へ>

#

黒田 悟志 Satoshi Kuroda

Day Drip Company 代表

スペシャルティコーヒーと呼ばれる良質なコーヒーの世界。その魅力を伝える為に、勤めていた自家焙煎店から独立し、独自のブランド【Day Drip Coffee】を立ち上げました。

  (続きをみる)


この記事へのコメント

ニックネーム:
※投稿時にこちらの名前が表示されます。
※このページにて新たに設定された場合、マイページに登録されているニックネームが変更されます。