1. ホーム
  2. T's コラム
  3. 鶏も豚も一緒にチャーシューにしちゃっていいんです!

鶏も豚も一緒にチャーシューにしちゃっていいんです!

  • 2019.12.25
  • 537
  • 2

蓮池 陽子



もう年末ですね。年末年始は家で過ごすにしても出かけるにしても、やることは沢山。なかなか時間が取れないのではないでしょうか?かくいう私がそうです。そんな時におすすめの料理を今日はご紹介させてください。
それは鶏も豚も一緒に炊いてしまうなんとも豪快な料理。普段からズボラ料理を推奨するつもりはありませんが、無駄に手間のかかることはなくしています。これを年末年始のご馳走料理にしていただき、簡単にできて時間ができたらバスタイムをゆっくりお過ごしになって疲れを取ってくださいね。
今回は2種類のチャーシューをご紹介します。2つとも思い立ったら挑戦しやすい煮込むタイプのチャーシューです。
一つ目は塩チャーシュー
●材料
豚肩ロース塊450g
鶏もも肉1枚(約300g)
A 
大さじ1と1/3
砂糖大さじ2
ナンプラー大さじ1/2
100ml
200ml
ニンニク(スライス)1かけ分
生姜(スライス)2~3枚
黒胡椒(粒)10粒ほど
●作り方
1.鶏肉は端から丸めつまようじで3箇所ほどさして固定する。
2.調理鍋にサラダ油(分量外)を熱し肉の表面に焼き色をつける。余計な油をペーパに吸わせ、Aを加える。
3.煮汁が沸いたら火を弱め、時々肉を回転させながら20分〜30分ほど加熱し、保温容器に入れる。30分ほど経ったら、鍋を取り出しそのまま冷まして味をなじませる。
続いては
めんつゆで作る甘辛チャーシュー
●材料
豚肩ロース塊450 g
鶏もも肉1枚(約300g)
A 
めんつゆ150ml→3倍濃縮タイプ
はちみつ大さじ1と1/2
75ml
75ml
しょうが(薄切り)1かけ
にんにく(薄切り)1かけ
    
●作り方
1.肉は、全体をフォークで指し、味の染み込みをよくする。鶏肉はロール状にしタコ糸で縛る。
2.ビニール袋に肉とAを入れてよく揉み込み、冷蔵庫でできれば一晩保存する。
3.調理鍋にサラダ油を熱し、汁気を拭いた肉の表面に焼き色をつける。
4.Aを加え、時々肉を回転させながら20分〜30分中弱火で加熱し保温容器に入れる。30分ほど経ったら、鍋を取り出しそのまま冷まして味をなじませる。
       
塩チャーシューはポッサムにしたり、香味野菜と和え物にしてもいいです。甘辛チャーシューはご飯と一緒に食べたり、ネギとごま油と合えるのも定番ながらおすすめです。
今回はシャトルシェフの作り方でご紹介しましたが、サーモスの深型のフライパンでも同じように作れます。その場合加熱時間を10分~長くしてフライパンごと冷ましてみてください。
もし味が足りないなというときは調味料を足すのではなく再加熱して冷ますと味が染み込みます。
最後の最後に盛り付けだけほんの少し頑張れば、家族から「おおお」の歓声が上がると信じております。
どうぞこの年末年始にお試しください。


  • ツイート
  • シェア
  • はてぶ

#

蓮池 陽子 Yoko Hasuike

料理家 フードデザイナー 東京都出身。Atelier Story主宰

中央大学卒業と同時にビストロに勤務。その後料理教室で料理・製菓講師を務める。さらにアウトドア施設からの依頼をうけ、アウトドアでおいしく・楽しい料理を生み出し、伝えてきた。

  (続きをみる)


この記事へのコメント

2020.01.08 15:21
斬新なお料理です。
ほな
2019.12.29 07:37
今晩、作ってみます❗️
オカメインコ
2019.12.26 21:56
お正月にぴったりだ。
ほな
ニックネーム:
※投稿時にこちらの名前が表示されます。
※このページにて新たに設定された場合、マイページに登録されているニックネームが変更されます。

オススメコンテンツ