1. ホーム
  2. T's コラム
  3. 電車でGO!!その2

電車でGO!!その2

  • 2017.11.30
  • 1262
  • 2

豊岡 真澄



みなさんこんにちは。
豊岡真澄です。
タイトーの運転士体験ゲーム「電車でGO!!」みなさんはもうプレイされましたか?
私もゲームセンターに行って何回かプレイしました。


スタンプラリーにも挑戦!
11 月のある日。
タイトーさまとの打ち合わせの後、運転の師匠である濱崎さんと待ち合わせて電車でGO!!︎と「NESiCA」(ネシカ)の組み合わせを試してみました。

1 枚300 円のNESiCA、とっても便利です。
電車でGO!!︎の前に、この日はちょっと寄り道。
この日は花園神社で「酉の市」が行われていて、昼間なのにとても賑やかです。

「よっ!ひとつどうだい?」
歩いているうちに、ふと声をかけてもらったお店で小さな熊手を購入。
来年はひとまわり大きなものを買えるようにしたいですね。
それにしてもすごい数の屋台。
ワクワクします。

この日は酉の市。
師匠、ちょっと寄り道しましょ。

商売繁盛を願って。
たくさんのご縁がありますように。

あ!こんなところに
スクウェアエニックスさん発見!
賑やかな境内を巡ったあとは近所のゲームセンターへ。
あっ!師匠!そこは焼きそばの屋台です!
は・ま・さ・き・さーん!こっちこっち(笑)

屋台に吸い込まれそうになっている師匠を引っ張って、私たちは近くにあるタイトーステーションの「電車でGO!!」︎コーナーへ。
私はNESiCA 登録がまだだったので、師匠のカードをお借りして撮影。

ここにかざします。
セーブポイントみたいですね。
電車でGO!!に︎はタイトーが発行している「NESiCA」(ネシカ)というカードを使って運転記録が残せる便利な機能があります。
ゲームには初級・中級・上級・GO級の4つの難易度があり、NESiCA を使うとカードにクリア情報を保存することができます。
ミッションをクリアすると、より難しい難易度や新しいミッションが走行できるようになるので、中級以上にチャレンジする人には必須アイテムです。

ひとつのミッションに4つの難易度があり、
クリアするとより難しい難易度が解放されます。
全てのミッションをクリアした濱崎さんの印象は「100 点満点のテストに例えると初級40 点、中級60 点、上級85 点、GO級は97 点ぐらい」とのこと。
上には上がいるので上位100 人にはいれば凄腕・・・と言います。
そんなこと言いながらも師匠は初級・中級・上級を一発クリア。
その腕前でも、GO級はなかなかクリアできないそうです。
GO級すごすぎる・・・((((;゚Д゚)))))))。

運転記録やランキングはマイページに登録すると閲覧できます。
 

うまい人がたくさんいてこれが限界だそうです。
※賑やかな休日の朝「GO 級」の記録。
濱崎師匠は「うまい人の運転を見るのが上達の近道」と言います。
運転は経験なので、変なテクニックを覚えるよりも「運転がうまいと感じた人の良いところ」にたくさん気づき「自分でやってみる」のがコツだそうです。
確かに並んでいる間も運転うまい方がたくさんプレイしていました。

長男はなんともうコツをつかんだらしく、S 評価!

関係者向け体験会のひとコマ。皆さんワクワクでした。


私もこの日「もうすぐ帰宅ラッシュ」初級をA評価でクリアできました。
まだまだこれから。
電車でGO!!︎の企画・製作・グラフィック監修はファイナルファンタジーのCGを手がけたヴィジュアルワークスが担当しています。
運転席の装置も、景色もどこからみても本物そっくり。
師匠は「誰もが運転士になった日の誇らしい気持ちになれる」と言います。
運転中はまるで「晴れ舞台」に立っているような不思議で心地よい緊張感があります。


10 月15 日に「タイトーステーション溝の口店 MEGARAGE」で行われた体験イベント。
約80 名のお客さまにご来場いただき、大盛り上がりでした。

写真は本物の恵比寿〜目黒駅間
ゲームと同じ景色にびっくりです。

JR の新型の取材をさせていただきました。
この日はすごいお二人とご一緒でした。
次回はJR中央本線に登場する新型特急「E353系」をご紹介します。
どうぞお楽しみに。


  • ツイート
  • シェア
  • はてぶ

豊岡 真澄の記事一覧へ>

#

豊岡 真澄 Masumi Toyooka

鉄道文化人 ママ鉄 埼玉県出身。
元ホリプロアイドル。

1999年に雑誌オーディション合格をきっかけに、ホリプロからアイドルデビュー。
その後、担当マネージャーである南田裕介氏の影響で鉄道ファンとなる。
2005年に「鉄道アイドル」という新ジャンルを開拓したが、結婚を機に2008年にホリプロを退社。
現在は2児の母として子育てに奮闘中。

  (続きをみる)


この記事へのコメント

2017.12.01 10:16
楽しそう