1. ホーム
  2. T's コラム
  3. クラフトコーラ

クラフトコーラ

  • 2021.08.17
  • 809
  • 8

長谷部 雅一



夏真っ盛り!この季節は、山も川も心の中で踊り狂ってしまうほど楽しい! SUPで川の水面を好きなだけ漕ぎ進み、時々川に飛び込んでは泳ぐ。アクティビティーの後には冷えた身体を輝く太陽で一気に温める…。
そんな時にゴクゴク飲みたいのは“コーラ”一択。僕にとってこれは小学生の頃から変わらない夏の儀式みたいなもの。でも、大人になると、目に見えないなにか罪悪感みたいなものや、ペットボトルをどんどん排出していくのは気が引けてしまう…。
そこで、コーラはコーラでも、昨今人気の“クラフトコーラ”を自身でつくってみることにしました。緊急事態宣言延長もあり、しっかりお家時間で時間をかけて何度も実験。僕の“超個人的”な好みの割合やつくり方を見つけたので皆さんにも共有させてください!
<クラフトコーラ(およそ15杯分)の材料>
材料を揃えると、すでにコーラ感がある香りが拡がります。
・三温糖:250g(200gと50g分けておく)
・カルダモン(ホール):5g
・クローブ(ホール):6g
・シナモンスティック:2.5本
・レモン:2/3個 ※できればノンワックスのもの
・水:350ml
・バニラエッセンス
※目安の杯数は飲むときにつかうカップや好みの濃さなどで変わります。
<作り方>
1:シナモンを折る
ここは丁寧ではなく、雑に作業した方が香りや味がしっかり出ます。
シナモンの香りや味がしっかりと染み出るように半分に折る。
2:カルダモンを潰す
包丁が怖いときは、すりこぎ棒でも何でもOK。
うまくつぶせると、こんな感じで中身が露出します。
シナモンと同様の理由で、カルダモンを軽く潰す。
潰すときは、カルダモンに包丁の背をあてて、上から力を加えるイメージ。
3:レモンをスライスする
不思議なことに、レモンの苦みがクラフトコーラのうま味の元になるのだ。
レモンを洗い、5mm幅程度にスライスする。
皮から出る苦みがまたコーラに最適なのでそのままにしておくのがオススメ。
4:材料を煮込む
煮込みに入ると、コーラの香りがより引き立ちます。
鍋に水を入れた後、三温糖50gを残した200g、カルダモン、クローブ、シナモンスティック、レモンを全て入れて、ひと煮立ちしたら、弱火で3分ほど煮込み、火を止める。
5:バニラエッセンスを入れる
基本はお好みだが、あまり入れすぎるとバニラエッセンスに全て持って行かれてしまうので注意。
火を止めた「4」に、バニラエッセンスを4〜5滴程度入れてよく混ぜる。
6:カラメルをつくる
カラメルは、弱火でじっくり。焦がさないように注意!基本は色つけ用なので、無くてもOK。
ここがコーラの色の秘訣。
水大さじ1.5杯を鍋に入れて温め、その後に事前に取り分けておいた50gの三温糖を入れて弱火でカラメルになるまでよく混ぜながら軽く煮詰める。
煮詰めすぎると焦げて味も色も鍋も悲しいことになるので注意。
7:カラメルをコーラの元に入れる
コーラの元の温度が低いと溶けにくいので注意。
コーラの元の鍋を温めたあと、カラメルが冷める前に流し込む。
カラメルを流し込む際は、コーラの元をよくかき混ぜながら少しずつ溶かしていくように入れていくのがコツ。
8:保存容器に入れて完成!
自分で作るとコーラも愛おしくなる。
「7」の作業が終わったら、コーラの元の鍋を外気で冷まして保存容器に入れたら完成!冷蔵庫で冷やして飲みたいときに使います。
<飲み方>
1:必要なもの
僕は炭酸マシーンを使っているけど、そこはお好みで!
必要なのは、炭酸(個人的にはペットボトルをあまり使わないようにリフィル式)、氷、そして真空断熱タンブラー。タンブラーは氷が溶けにくいのでコーラが薄まらないのがいい。
2:コーラシロップを入れる
この工程は、鼻が刺激されて喉が鳴ります。
タンブラーの口まで氷を入れたら、コーラシロップをお好みの量入れる。この時、予め冷やしておいたコーラシロップを、氷を通して“追い冷やし”するのがポイント。
3:炭酸を注ぐ
炭酸は極めてスピーディーに、でも炭酸が抜けないように!
炭酸を、できるだけ静かに、ゆっくり、氷を通して“追い冷やし”しながら注ぐ。
4:かき混ぜる
混ぜるのはあくまでも静かに!が肝。
炭酸が抜けないように、かつ下のコーラシロップがしっかり混ざるように、マドラーを上下させながら数回かき混ぜる。
5:レモンを添えたら完成!!
レモンを入れるとさわやかさが倍増します。
はっきり言って、病みつきになります。一度つくると自分の好みのスパイス分量がすぐに分かるので、2回目には完璧な“マイ”クラフトコーラがつくれますよ。
この夏は、美味しいコーラで暑い日中を乗り切ってみてください。


  • ツイート
  • シェア
  • はてぶ

#

長谷部 雅一 Masakazu Hasebe

アウトドアプロデューサー / ネイチャーインタープリター

1977年4月5日生まれ。埼玉県出身。有限会社ビーネイチャー取締役
2000年から2001年の世紀をまたぐ時期に丸一年をかけての世界一周の旅をする。

  (続きをみる)


この記事へのコメント

2021.09.08 14:05
爽やかで、美味しそう♩疲れも吹き飛びそう!!
ゆうたんパパ
2021.08.27 11:01
美味しそうね!
なおたぐ
2021.08.26 06:47
おしゃれで美味しそう!
ぷりたれ
2021.08.23 11:45
手作りすると、安心でとってもおいしそうですね!
初めて作り方を知りました!
だあきち
2021.08.18 10:30
レモンが決め手。
ほな
2021.08.18 06:43
自然素材のみで作られたドリンクでおもてなしなんて素敵かも~入手しにくい素材もないので、簡単に作ることができそうです。
江戸っ子
ニックネーム:
※投稿時にこちらの名前が表示されます。
※投稿にはニックネームの登録が必要です。

オススメコンテンツ