1. ホーム
  2. T's コラム
  3. カレーをもっと美味しくしてくれる、魔法の調味料

カレーをもっと美味しくしてくれる、魔法の調味料

  • 2019.03.22
  • 924
  • 3

蓮池 陽子



世界には何種類のカレーがあるか、知っていますか。インド、タイ、スリランカ、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、イギリスなど、国単位でもたくさんありますから、各国の地域まで含めると、カレーの種類は無限大と言えるのではないでしょうか。一口にカレーと言っても、千差万別のカレーがあるのです。
様々なカレーがある中で、みなさんはどんなカレーが好きですか。日本にもたくさんのカレーがありますよね。メーカーや辛さなど、ルウの種類もたくさんありますし、レトルトや瓶詰めといった形で売られているものもあれば、道の駅で販売されているご当地カレーもあります。そう、日本人はカレーが大好きなのです。
かく言う私もカレー好きの1人です。週に1回はカレーでもいいと思っています(カレー好きからすると、少ないかも(笑))。そんな私のオススメは、手作りルウのカレーです。
「ルウを手作りするなんて、難しそう……」と思いましたか。実は、たった3つの材料を混ぜるだけなんです。前回に続き、とても簡単でしょう?!
混ぜる材料は、カレー粉と、身近なあの調味料……。それは、みそです。「みそをカレーに入れるなんて」と、意外に思った方もいるかもしれません。一度、カレー粉、みそ、オイルを混ぜて、ちょっとなめてみてください。「カレーだ!」と思うこと、間違いなしです。この3つを混ぜるだけで、手作りルウの完成です。
熟成した美味しいみそは無添加のコンソメだと思ってください。「一味足りない……」という時には、ほんの少しみそを加えてみて。みそによって塩分量が違うので、そこはお好みで調整してくださいね。
あと、カレー粉はメーカーによって辛さが違います。各社、それぞれの比率でスパイスをブレンドしているからです。「辛すぎる」と思ったら、カレー粉を変えてみるのもひとつの手です。カレー粉を数種、自分でブレンドしてもいいですね。
この手作りルウを煮込んだ具材に混ぜるだけで、カレーはできちゃいますが、さら美味しくするための秘訣をもう2つだけお伝えします。
① 玉ねぎ、人参、セロリは千切り、もしくは、細かく刻んで炒めたものを使う ② トマトの水煮を入れる
あとの具材は何でもOK! 肉でも魚でも、野菜だけでビーガンにしてもいいですね。ヨーグルトやココナッツミルクを加えても、美味しいですよ。ぜひ、お好みの具材でつくってみてください。 みその種類はお好みですが、私は豆みそと米みそをブレンドすることが多いです。
最後に、私のオススメのカレーレシピを紹介します。
●材料
玉ねぎ  1と1/2個
人参  2/3本
セロリ  1/2本
鶏肉  500g
トマトの水煮缶  1缶
マッシュルーム  1パック
ヨーグルト  80ml
生姜  ひとかけ
にんにく  ひとかけ
塩、こしょう  適量
サラダ油  大さじ1と1/2
カレールウ  
  カレー粉  大さじ3
  みそ  大さじ3
  サラダ油  大さじ3
  はちみつ  小さじ1
●作り方
1)玉ねぎ、人参、セロリは千切り、または薄切りにする(フードプロセッサーでみじん切りにしてもOK) 鶏肉は食べやすい大きさに切り、塩で味をなじませヨーグルトでマリネする。マッシュルームは薄切りにする。カレールウは材料を混ぜておく。   2)調理鍋に刻んだ野菜と生姜、にんにく、マッシュルーム、サラダ油大さじ1と1/2を入れて野菜が柔らかくなるまで炒める。   3)トマト缶と水150mlと鶏肉を加え沸騰してきたら5分加熱し、保温容器に移し15分保温する。   4)調理鍋を取り出しルウを加え、5分ほど加熱し、塩、こしょう、はちみつで味を整える。ごはんや薬味と一緒にどうぞ!  


  • ツイート
  • シェア
  • はてぶ

蓮池 陽子の記事一覧へ>

#

蓮池 陽子 Yoko Hasuike

料理家 フードデザイナー 東京都出身。Atelier Story主宰

中央大学卒業と同時にビストロに勤務。その後料理教室で料理・製菓講師を務める。さらにアウトドア施設からの依頼をうけ、アウトドアでおいしく・楽しい料理を生み出し、伝えてきた。

  (続きをみる)


この記事へのコメント

2019.04.19 09:26
味噌か、やってみよ!
よもちゃん
2019.04.09 14:58
カレーレシピ作ってみたいです。
アイス
2019.03.22 16:19
新発見ですね。うまそう。
ほな
ニックネーム:
※投稿時にこちらの名前が表示されます。
※このページにて新たに設定された場合、マイページに登録されているニックネームが変更されます。