1. ホーム
  2. T's コラム
  3. 走る農家レストランその3(旅の思い出)

走る農家レストランその3(旅の思い出)

  • 2017.10.04
  • 1357
  • 2

豊岡 真澄



13時17分。
「走る農家レストラン」は森宮野原駅に到着。

ついたー!
ホームに降りてスタッフの皆さんと一緒に記念撮影。

この列車に乗って長野駅まで戻ります。
森宮野原駅は長野県栄村という場所にあり、すぐお隣が新潟県。
雪がとっても多い地域です。
ここは昭和20年2月12日にJR(国鉄)の最高積雪量を記録した駅でもあります。
その高さはなんと7メートル85センチ!

高さはなんと写真の赤い線。
私の身長の5倍以上あります!!
13時26分。
約10分の停車時間はあっという間に終了。
長野に向けて再び出発です。

長野駅までの所要時間は約1時間45分。
その間も旅を楽しめるよう、帰りにもおもてなしが用意されていました。
今回は日本朗読検定協会の方々による物語の朗読。

声色を変えて一人で何役もこなしてしまうレベルの高さにびっくり。
思わず聴き入ってしまいます。
録音ではなく、朗読を生で聴く。
普通の旅では味わえない贅沢な時間です。

今日の衣装は’おいこっと’に合わせたカラーリングなのでした。
今日の旅を振り返りながら、列車はあっという間に長野に到着。
春は桜、秋は紅葉。
そして雪の季節も魅力的です。
飯山線沿いの景色は魅力たっぷりです。
美味しいお料理と景色。
走る農家レストランは、年内において10月と11月に一回ずつ、12月に2回走るそうです。
皆さんも一度乗ってみてはいかがでしょうか?

追伸
前回のお話を入稿した直後に「485系 いろどり」の引退が発表されました。
9 月30日運転の「ありがとう!いろどり号」で営業運転は終了とのこと。
おつかれさまでした。

前回のものと同じ写真ですみません。
手元にある写真はこれだけ。
まさか引退のお知らせがあるとは・・・
次回は遊園地で1日駅長をさせていただきます。
どうぞお楽しみに。


  • ツイート
  • シェア
  • はてぶ

豊岡 真澄の記事一覧へ>

#

豊岡 真澄 Masumi Toyooka

鉄道文化人 ママ鉄 埼玉県出身。
元ホリプロアイドル。

1999年に雑誌オーディション合格をきっかけに、ホリプロからアイドルデビュー。
その後、担当マネージャーである南田裕介氏の影響で鉄道ファンとなる。
2005年に「鉄道アイドル」という新ジャンルを開拓したが、結婚を機に2008年にホリプロを退社。
現在は2児の母として子育てに奮闘中。

  (続きをみる)


この記事へのコメント